ただ散歩するだけでも忙しい季節は4月の終わり

桜が散ったと思ったら、今度はハナミズキの花が満開だ。有名な歌の歌詞にある薄紅色のものはあまりみない。白やサーモンピンクの花を咲かせた木が車道の脇に植えられている。人のおうちの庭で綺麗に咲いていることが多いのは芝桜、濃いピンクは目が痛いほどの鮮やかさだ。朝の光の中でみたら、眠気も覚めそう。今日は朝に少し雨が降ったせいか、空気が澄んでいる。おかげで、山々の緑がくっきり見えて、きれいすぎてジオラマみたいな人工物に見える。4月の終わりの天気のいい日は、残雪と緑のコントラストがはっきりしていて山を見ていて飽きない。だれかが山をみて、マヨネーズかけてたべたらおいしそうだといったようだ。たしかにブロッコリーの房のかたまりのようにも見える。空の雲はすごい速さで流れていく。道を歩いていて、いろいろなところを見てきょろきょろしていたら、いつの間にか近所の人とすれ違って恥ずかしかった。近所の人も風景を見るのに忙しそうでこちらに気づいてはいなかった。