ただ散歩するだけでも忙しい季節は4月の終わり

桜が散ったと思ったら、今度はハナミズキの花が満開だ。有名な歌の歌詞にある薄紅色のものはあまりみない。白やサーモンピンクの花を咲かせた木が車道の脇に植えられている。人のおうちの庭で綺麗に咲いていることが多いのは芝桜、濃いピンクは目が痛いほどの鮮やかさだ。朝の光の中でみたら、眠気も覚めそう。今日は朝に少し雨が降ったせいか、空気が澄んでいる。おかげで、山々の緑がくっきり見えて、きれいすぎてジオラマみたいな人工物に見える。4月の終わりの天気のいい日は、残雪と緑のコントラストがはっきりしていて山を見ていて飽きない。だれかが山をみて、マヨネーズかけてたべたらおいしそうだといったようだ。たしかにブロッコリーの房のかたまりのようにも見える。空の雲はすごい速さで流れていく。道を歩いていて、いろいろなところを見てきょろきょろしていたら、いつの間にか近所の人とすれ違って恥ずかしかった。近所の人も風景を見るのに忙しそうでこちらに気づいてはいなかった。

相撲業界の騒動で感じる礼儀の大切さと人に伝える難しさ

11月後半からニュースなどで取り上げられている相撲界での暴力事件について、次第に見えなかった部分が報道されるようになってきましたが、元は「後輩の礼儀について」指導をしたいというところから始まったように見受けられます。
世代によって文化が変わってくる部分もあると思いますが最低限の「礼儀」はきちんとしていくべきだと思います。
上下関係は必要ない、昔の文化だという考えで先輩や目上の方に対して失礼な態度をとるのは、世代の問題ではなく、「礼儀」として良くないと思います。
そういったことを人に伝えたいという気持ちが伝わらず、難しさを感じている中で起きた事件だったのではないかと思います。
何かを人に伝えるのは礼儀だけでなく、さまざまな場面で難しいと感じることが多いと思います。
今回は1人の力士の指導をしようとしたことで暴力事件になってしまい、横綱が引退するというところまでいってしまい、それぞれの人生をがらりと変えてしまったことはとても残念です。
いろんな見方があると思いますが、個人的には「大切なこと」を人に伝える、教える難しさを感じた事件でした。http://www.br-guadeloupe.com/ginza-kao.html

「わろてんか」131話の感想をつぶやいてみる

お手紙預かったのはリリコだけじゃなかったのか。 浮ついた予想してすんません!
風太のことだからきっと届けてくれるよねと思ってたらやはりそうでした。 そうですね、こうやってマスゴミのねつ造記事へのメタにするんですね! 
でもマスゴミのねつ造を軍部の検閲のせいにするのか、それともマスゴミが勝手にやったってことにするのかどっち? 
軍人ではない風太(会社の偉い人)が手紙を検閲したというエピを入れたので、どっちともとれるようにしたのかな。 妥当な線だと思う。 しかも今回の新聞記事に出てた「兵隊さんたちに満面の笑み」は本当だから始末が悪い。

亀さんが楓さんにいいアドバイスしてくれましたけど、亀さんはいつまでいてくれるのかなあ? なんかしおりんと同じくカウンセラー亀さんなのかな? 亀さんも一人もんだったっけ? 世情が暗いからと言って自分も暗くなったらだめだってことですよね。
一方風太たちは明日が最後だから好き勝手やらせてもらいます—ってか?
でもリリコの恋文漫才見てた少佐殿の怒ってる顔が、よくあるステロタイプの帝国軍人()が道化役として怒るのと違って、自分も残してきた家族を思い出してしまいそうなのをこらえてるように見えたよ。 終わってからリリコたちを叱らなかったし。

おしまい!

底地がお勧めできる理由と出来ない理由というのは

底地というのは自分がやったことではないけど、貸している状態、ということになります。親から受け継いだ底地ということもよくあります。これは借地権のついている土地になりますから、確実な利益が見込める土地ともいえます。ちなみに売れないわけではないです。借地権がある人が買取りをすることもあります。そこにしっかりと定住するために、買うということがあります。さて、この借地権という権利はかなり強力でもあります。つまりは、いきなり追い出すことなんかはできないわけです。場合によっては権利の買い上げということをすることもあるでしょう。しかし、とにかく貸せている状態の土地でもあるといえますから、これはそんなに悪いというわけではありませんから、どんどんそのままにしておく、という選択をしてしまう人もいます。それもよいでしょう。しかし、周りの開発などが進むことによって、地価が高くなってしまい、貸すことにメリットを見出せないこともあったりします。

今使っている、灰白色のダウンコートがくたびれてきたので、紺色のダウンコートを買いました

殆ど白っぽく見えるけど、ほんの少しグレーがかったようなダウンコートを着ています。
多分、これを買ったのは5年前だったと思います・・・なので、相当くたびれた感があります。
元々、総合スーパーの衣料品売り場で、セール品の5000円くらいの代物です。
安価なので、気楽にバンバン来てました。自宅でドライクリーニングをしたり、部分的に目立つ汚はウタマロ石鹸でゴシゴシこすってみたり、安いので思いっきり雑な扱いをしてもOKなところが、実は一番良かったのですが(お手入れに気を使うものは・・・嫌なんです)。
さすがに「なんとなく、くたびれた感」は否めず、ちょっとこれでは年末年始の帰省で新幹線に乗るには気が引ける感じでした。
新しいのを買おうと思い根がケチ・・・いや、節約志向なので、やっぱり似たランクのものから探してみました。
で、やっぱり総合スーパーの衣料品売り場へ探索に出かけ「以前とは違う色で、紺色か茶色がいいかな〜。」と思っていたところ、ちょっと暗めの紺色のダウンコートを見つけました。
お、いい感じ、と、ピンと来たので、即決で購入しました。
帰宅してはおってみると、値段より高く見える(?)ってことで、結構嬉しい買い物でした。ベルタ酵素 どこに売ってる

夜寝るときのエアコンの快適温度を探した結果

私の最近の悩みは、夜寝るときのエアコンの温度は何度がちょうどいいのか?ということでした。毎日暑いので、電気代は気になるところではありますが、夜はずっとエアコンを切らずにつけたまま寝ています。少々お金が高くなったとしても、朝までぐっすり寝て健康を保つ方が大事ですしね。

ただ、問題なのは設定温度が28度だとちょっと暑いし、27度にすると肌寒いのです。寒いとなると風邪をひく心配があるので、少々暑くても28度で寝る方がいいのかなと思って試しにやってみたのですが、夜中に寝苦しくて起きてしまいました。そして27度に設定しなおしてもう一度寝たら朝寒くて起きてしまったのです。

家族に聞いてみたところ、27度で寒いと思っているのはどうやら私だけの様子。なので、私だけタオルケットではなく冬に使っている毛布にくるまって寝ることにしました。こうすると、みんなは涼しくて快適に寝られるし、私は毛布で暖かいので平和に問題が解決できました。今日も我が家のエアコンは設定温度27度で一晩中働いてくれています。

スナックを食べたり未トライのことをやり遂げるプランを見た

間食を食べました。「なげわ」という間食を食べました。コンソメ味覚でした。食べていくと、やみ付きになるくらいの美味しさでした。残ったら、開封していらっしゃる段階だし間食が柔らかくなってしまうと思うので、全部食べてしまいました。そして、TVを見ました。22ケース手前くらいから番組されていた、娯楽番組を見ました。こういう娯楽番組は、未過去の厄介におはつチャレンジをやる番組だ。最初は、評判洋食のシェフへの見たい件の提言をしていました。栃木県の足利市の新呼び物ラーメン内容をしていました。スープだけではなくて、ツール材にもこだわっていました。麺は、特注の麺だそうです。スープは色んなものを入れて、どれが一番いいのか夜遅くまで試していました。何日もかけて、色んなものを作っていました。如何なる味覚のラーメンなのか、食べてみたいなと思いました。そして、アナウンスのお天道様には皆さんが来ていました。ムースラーメンという肩書きでした。

待つことに苛苛はしませんけど、別のことに。

前日、ラジオを聞いていておかしいことがありました。求人強調で愛する先へ電話して問い合わせたときのシーンで、人員お願いしますと言って、クライアントが「ちょこっとお待ち下さい」と言って、あの呼出しの保留のMusicがかかっていて、幾らかとは何秒ぐらいなのかが人によって多彩です。15秒かかってしまうともうジリジリし始めて長いなあと受取るやつもいれば、1分け前経っても依然としてイライラせず、待てるというやつもある。ボクはジリジリはそういった早くにはしないですけど、2分け前3分け前経つと、先方が忘れているんじゃないかと見紛うんですよね。はじめ、待つことにはイライラしないのですが、別の結果イライラするのです。これは何やらいないかもしれません。ケチなボクならではで、呼出し代金だ。そこに考えが行ってしまいますね。待つ年月の長さではなくて。ここがかけたんだから呼出し代金が鳴るじゃないですか。それもタブレットじゃどしどしかかりますから。そこですね、ボクがイライラするのは。パルクレール美容液 通販

恥ずかしながら結婚式で菓子まきに挑戦しました

今ではあまりみかけませんが、私の嫁の両親がかなり古風な考えだったので、私たちの結婚式では菓子まきをしました。近所に子供がいたころにはお姉さんが結婚したときにはよくもらったものてますが、今はなによりも恥ずかしい。でもいまは式場でやってほしと要望が多いらしく人気もあるようです。
私の出身は名古屋ですが、結婚式は派手なイメージで、いまでも結婚式のお金でも上位にかわりません。名古屋の結婚式で特徴的なのが菓子まきで、門出を祝う意味があったようなので私も結婚式をするときにやりたい気持ちはありました。
今回菓子まきをすることで二人でわざわざ菓子屋さんにいきました。それぞれ大量のお菓子をビン詰めする作業は、一番結婚式で苦労しましたが、なんとか無事に式を終えることができました。一番盛り上がったのが菓子巻きだったのでやってよかったと思います。
今ではいい思い出ですが、こんなことでモメるとは思いませんでした。結婚式は本当に大変です。

その場で手作りで道具を組み立てる職人さんたち

最近、職場の敷地内で、新しく建物を立てる工事をしています。
大きなトラックや重機が頻繁に出入りしていて、普段静かな昼間の時間でも、大きな物音がしたりしています。
ここのところ、ようやく基礎ができてきて、そろそろウワモノのための準備をするんじゃないかというようなタイミングです。
まだまだ工事が終わるまでにはしばらく時間が掛かりそうな感じで、落ち着くのはもう一ヶ月とか二ヶ月とかかかるんじゃないかと思っています。
ときどき作業現場の横を通ったりするとことがあるのですが、そのときに作業の様子を思わず見てしまいます。
普段、あまり目の前でこういう作業を見る機会もないので、どんなことをしているのだろうと興味があります。
見ているといろいろと発見があって、現場で工事に使う道具を手作りしていたりするみたいです。
大工さんとか建設現場の人たちには、たくさんの小道具のようなものがあると思うのだが、現場によって合わせて作るようなものもあるのでしょう。
木を切ったり、金属をねじで留めたり、溶接したりして、道具を手作りしているのは意外でした。
そして、手際のよさというのも大いに勉強になる気がした。
限られた時間、資材、スペースで、大きな建物を建てるというのは、やはり体力だけではなくて頭を使わないといけないことなのだなと思いました。